都会にも潜む危険|キイロスズメバチを駆除する時は危険が伴う|業者に任せて安全に退治

キイロスズメバチを駆除する時は危険が伴う|業者に任せて安全に退治

都会にも潜む危険

ハチの巣

近付かないこと

都心にも蜂の巣はありますし、駆除することも珍しくはありません。それくらい、日本全国に生息しているということですし、対応に追われる人も多いです。自分で駆除する人も多いようですが、業者に委託する人も少なくありません。基本的には、まだ蜂の巣が小さいころは自分でも何とか駆除できるでしょう。近付くと、蜂が興奮して人間を攻撃してしまいますので、あまり近付かないである程度は離れた距離から殺虫剤などを使います。蜂がどんどん飛び出していき、出てこなくなったところで蜂の巣をのこぎりなどを使って取り除き、ごみ袋に入れて処分します。業者であっても慎重にすべての作業を行わないと大変ですから、自分でやろうと思った場合はかなり小さい時だけにしましょう。

刺されないように

まだ、蜂の巣が小さいので自分で駆除しようと思ったら、刺されないように防護服などを着てください。購入すると少々高額なので、役所に問い合わせてみてください。レンタルしていることがあります。防護服でなくても黒など濃い色の洋服は避けて、洋服の隙間から蜂が入らないようにガムテープなどで隙間をすべてふさぎましょう。虫よけをすれば大丈夫とは言えませんので、必ず防護服などで刺されないようにしてください。業者に頼んだ時に、様子を見ようと思って蜂に刺されることのないように気を付けましょう。いろいろな蜂が日本にいますが、特にスズメバチは危険です。できれば業者に頼むか、役所に相談してみてください。自分で駆除するのは危険を伴うので、なるべく避けましょう。