被害の再発生を防止|キイロスズメバチを駆除する時は危険が伴う|業者に任せて安全に退治

キイロスズメバチを駆除する時は危険が伴う|業者に任せて安全に退治

被害の再発生を防止

作業員

成虫も卵も処理

ゴキブリの卵は、長財布のような形状をした鞘に、20〜30個ほど入っています。つまりゴキブリは、一度に20〜30匹ほど生まれてくるということです。一般的に、ゴキブリを1匹見かけたら30匹ほどいる可能性があると言われていますが、それは一度に生まれてくる数が多いからです。しかも卵が入っている鞘は頑丈で、市販されている殺虫剤では浸透しないことがあります。したがって、殺虫剤によるゴキブリ駆除で成虫がいなくなったとしても、卵が残っていれば、いたちごっことなってしまうのです。そのような場合には、駆除業者にゴキブリ駆除を依頼する必要があります。駆除業者によるゴキブリ駆除では、成虫だけでなく卵もしっかりと処理されるため、被害が再発生しにくいのです。

脱皮を防ぐ薬

ゴキブリの卵は、産卵後10〜15日ほどで孵化します。すると、鞘の中から白い幼虫がゾロゾロと出てくるのですが、これらは約2ヶ月で成虫となります。幼虫の体は殻に包まれていて、幼虫は大きくなるたびにその殻を脱ぎ捨てます。要は、脱皮を繰り返しながら大きくなっていくわけです。そのため駆除業者は、ゴキブリ駆除に脱皮を防ぐ薬を使用しています。その薬によって幼虫は、殻を脱ぎ捨てることができなくなります。殻の内部で体はどんどん大きくなっていくので、脱ぎ捨てることができない以上、幼虫は圧迫により力尽きます。この薬は数ヶ月ほど効果が持続するので、仮に幼虫が数匹生き残ったとしても、これらは次の脱皮の際に薬の影響を受けることになります。これにより最終的には、1匹も残らなくなるのです。