糞による被害|キイロスズメバチを駆除する時は危険が伴う|業者に任せて安全に退治

キイロスズメバチを駆除する時は危険が伴う|業者に任せて安全に退治

糞による被害

鳩

寄せ付けないことが大事

鳩は人間の生活に被害を与える動物です。主な被害は糞害です。糞害が問題になる理由には、外に出してあるものが汚れてしまう、アレルギーや病気を引き起こす場合がある、害虫の発生源になり得る等といったものがあります。鳩の姿を家の近くで頻繁に見るようになったら、家の周辺に巣を作っている可能性が高いです。一度出来てしまった巣を駆除するのは難しいので、巣を作らせないように予防をする必要があります。鳩に巣を作らせないためには、巣が出来やすい家のベランダをきれいにしておくことや不必要な物を置かないこと等があります。また巣の材料になりそうな小枝や針金等は片付けをするようにしましょう。鳩は鳩の糞がある場所を好んでくる習性があるため、糞がある場合は早めにきれいにしておきましょう。

業者ならではの対策

鳩の被害に合わないためには駆除を行うことが最良の方法なのですが、実は個人が駆除を行うことは、鳥獣保護法により禁じられています。あまりにも被害が酷い場合には住んでいる自治体に申請をすることで対策を取ってくれる場合もありますが、各種の申請が必要なため、時間が掛かってしまいます。すぐにでも駆除を行いたい場合には、専門の業者を利用すると良いです。専門業者は鳩を寄せ付けないための対策を取ってくれます。鳩は一度寄り付いた場所に何度も寄り付く習性があるため、まずは寄せ付けないことが大事になるのです。寄せ付けないために業者が使用するのが、鳩が嫌う臭いのするジェルです。このジェルを庭やベランダに設置しておくと鳩が寄り付かなくなります。