キイロスズメバチを駆除する時は危険が伴う|業者に任せて安全に退治

被害の再発生を防止

作業員

市販の殺虫剤でゴキブリ駆除をしても、卵が残ることがあります。卵からは一度に20〜30匹のゴキブリが生まれるのですが、駆除業者に依頼すれば、それもしっかりと処理してもらえます。具体的には、幼虫の脱皮を防ぐ薬が使われるのです。薬の効果は数ヶ月間持続しますし、その間に幼虫は脱皮できずに力尽きていきます。

もっと見る

危険性と写真の関連性

蜂

自力で行うと危険だから

キイロスズメバチの駆除は危険性が高く、自力で行うよりも業者に頼んだほうが安全と考える人が少なくありません。そのため、専門業者は人気が高く、お願いしてもすぐに来てもらえないことも珍しくないため、事前にある程度複数の業者に相談することが重要です。キイロスズメバチやオオスズメバチといった害虫駆除業者が人気の理由として、危険性を感じる仕事であり、専門性が高くないとなれないと考えられています。安全性を考慮した形での支援を行っている人もいますが、直接駆除のために巣に触れて切除し、焼却を行う事はプロでなければできません。プロならではのコツや処理の方法があるため、一般家庭で発生した場合、積極的に取り除いてもらう人が多く、人気となっています。

半分は行政持ち

キイロスズメバチの駆除を業者に行ってもらう場合、スズメバチ駆除補助金が交付される可能性が自治体によって存在しています。自治体によって交付される金額は大きく異なりますが、平均的に支払った額の半分から三分の一程度とされているため、割安に駆除できるチャンスです。書類申請で必要とされているのが、印鑑と、取り除いてもらう前と取り除いてもらった後の写真、そして業者からの領収書とされています。キイロスズメバチが発生した場合、事前に確認してすぐに業者を呼ぶのではなく、あらかじめ巣の様子を撮影しておき、撮影してから業者を呼んで取り除いてもらうことが重要です。費用に上限はありますが、わずかでもお得に害虫を取り除けるのは良い事として、利用している人は増えてきています。

糞による被害

鳩

鳩の糞はアレルギーや病気を引き起こす場合があるので、寄せ付けないようにしましょう。ベランダを清潔にし、余計なものを置かないことは大切です。個人では鳩の駆除は出来ないため、専門の業者に依頼しましょう。業者は特殊なジェルを使用することで、鳩を寄せ付けないようにします。

もっと見る

都会にも潜む危険

ハチの巣

蜂の巣に近付くと蜂に刺される恐れがあるので、近付かないようにしましょう。小さい時は自分で駆除できます。防護服などを着て、隙間から蜂が入らないようにふさいでください。危険を伴うので、なるべく業者に頼んで駆除してもらったほうが良いです。

もっと見る